Yahoo!JAPANカードは審査時間が早すぎる!?

このブログは、Yahoo!JAPANカードの審査時間が約2分なのは本当なのかを解明してくブログです。

 

Yahoo!JAPANカードは審査が早いので有名で、審査は

 

 機械審査

 

を行っています。

 

機械審査というのは、申し込んだ人が入力した内容を機械が読み取り、即座に合否を判断する方法です。

 

あらかじめ決められた審査内容に合致した方が、この機械審査に通るんですが、機械審査を行った時点で審査に通らなかった場合は、審査に落ちたというメールが送られてきます。

 

機械審査の時点で、当落線上の条件の場合は、今度は中の人、つまり人間が審査します。 人が審査し始めると審査結果が出るのが長引くため、採用不採用のメールが来るのが遅れます。

 

機械審査を行っているのは、Yahoo!JAPANカードだけではなく、楽天カードも行っています。 申し込みが多いクレジットカードは、人が審査することが困難になっているみたいです。

 

なので、ある程度のことは機械、つまりコンピューターに審査は任せて、発行していいのかどうかギリギリのラインにいる方は人間が行っているようです。

 

どういう基準で審査をしているのかはわかりませんが、Yahoo!JAPANカードは、機械審査を行っているということは、

 

 審査基準が低い

 

ということが言えます。 審査基準が高いと機械任せにせず、すべて人が行う行うからです。

 

ですので、まだクレジットカードを持ったことがない方はもちろんのこと、借金を返済したばかりの方、フリーターで年収が低い方なども審査に通る可能性があります。

 

なかなかクレジットカードを作れなかった方も、一度機械審査に賭けてみませんか?

 

 

【機械審査だから早い!】Yahoo! JAPANカードはこちら

Yahoo!JAPANカードの審査に通るコツとは

Yahoo!JAPANカードは、ブラックでも作れるのかを書いていきます。

 

このブログのリンク先のブログからYahoo!JAPANカードを申し込んで、審査に通った方は、

 

 約20%

 

いらっしゃいます。 5人に1人の方が審査に通っています。

 

では、どうやったら審査に通るのかということについて書いていきます。

 

 クレジットカードに最後に申し込んだ日から半年以上空ける

 

ブラックな方がよくやってしまうことが、クレジットカードを欲しいからと、いろんなクレジットカードに申し込んでしまうこと。 クレジットカードの審査に落ち続けてしまうと、信用情報機関に掲載されてしまい、ますますクレジットカードの審査に通らなくなります。

 

クレジットカードの審査に落ちた経緯が、信用情報機関から消えるのが半年後。 クレジットカードが欲しい気持ちはわかりますが、何度も申し込まず、半年間申し込むのを我慢してから申し込むと、審査に落ちた経緯が信用情報機関に記載されていないので、審査に通りやすくなるというワケです。

 

 

 迷惑をかけたブランドやクレジットカードに再度申し込まない

 

クレジットカードで以前借金をしていたカードブランド、つまりVISA、Master、JCBなどのカードブランドを再度申し込まないようにした方がいいです。

 

同じクレジットカードには申し込まないとは思いますが、カードブランドの会社で、借金などの経緯が残っている場合があります。 

 

カードブランドのブラックリストなんですが、例えばJCBのカードブランドで迷惑をかけた場合、VISAやMasterカードでこれから申し込みをした方がいいです。

 

 

 勤務年数が1年以上あること

 

クレジットカードの審査で重要なポイントが、今のお仕事の勤務年数。 仕事を始めて1年未満の方は、審査に通りずにくくなります。

 

よく年収が低いのでクレジットカードの審査に通らないのではないかと不安になる方がいますが、年収はあった方がいいんですが、それよりも勤務年数が重要です。

 

クレジットカードの会社は、ちゃんとお金を返せる人なのかを審査しています。 勤務年数が短いと、仕事を辞めてしまうのではないかと不安になります。 ですので、勤務年数が1年以上ある方は審査に通りやすくなります。

 

この3点を守っていただければ、Yahoo!JAPANカードの審査に通る確率が上がります。 これはどのクレジットカードにも当てはまります。

 

多重申し込みをされている方は、一度申し込むのをやめて、半年間空けて下さい。 今の仕事は1年以上は続けて下さい。

 

Yahoo!JAPANカードは審査が比較的緩めのカードなので、このようなカードを選んで審査に突撃するといいでしょう。

 

 

【審査に通るコツを守って突撃!】Yahoo! JAPANカードはこちら